線維筋痛症(FM)や慢性疲労症候群(CFS)に対抗する新しい精油 4

ブレンドされた3An精油

1. 「アンチバクト」
耳鼻咽喉系、歯科口腔系、呼吸器系(気管支炎、鼻、百日咳)、消化器系(腸炎、大腸炎、結腸炎)、泌尿器・生殖器系(膀胱炎、腎結核、卵管炎、大腸菌)に働きかけます。
抗感染作用はティートリーとマウンテンセイボリーの精油の免疫強壮特性により強化されています。
使用精油:​ラヴィンサラ、クローブ、ティートリー、マジョラム、マウンテンセイボリー

2. 「アンチヴィール」
異なる系統(消化、泌尿器・生殖器、神経)に宿るウィルス感染に対し、活発な強い抗ウィルス作用があります。
使用精油:​ティートリー、ニアウリ、バジル、ベイ

3. 「ディジェスト」
消化器官に働きかけるブレンド。抗感染、抗痙攣、寄生虫、血糖症。
使用精油:​キャラウェイ、コリアンダー、クミン、カルダモン、ジンジャー

4. 「ヘパデトックス」
肝臓の解毒と肝臓細胞の復元を助ける相乗効果があります。
使用精油:​クルクマ、レモン、ロベジ、ニアウリ、ペパーミント、

5. 「セダストレス」
抗ストレス作用をもたらす相乗効果があり、不安、落ち込み、疲れに有効、またより良い睡眠を可能にします。
使用精油:​アンジェリカ根、ラヴィンサラ、マンダリン果皮、ラベンダー・アングスティフォリア、
​マジョラム

6. 「スティミュル(強壮)」
免疫強壮作用をもたらす相乗効果(副腎皮質様)
使用精油:​ティートリー、オレガノ、ブラックスプルース、ヨーロッパアカマツ、
​マウンテンセイボリー